「あか牛」チャンネルトップ > 「あか牛」インフォメーション > 「あか牛」肉の特徴


新しい愛称「阿蘇王」のご紹介です。

食情報
安心・安全・おいしい「あか牛」を紹介します。

オンラインショッピング
熊本のおいしい「あか牛」を
オンラインショッピングで、
あなたの食卓へ。お気軽にどうぞ!
(別ウインドウで開きます)

「あか牛」肉の特徴

牛肉には、良質な栄養素がたくさん含まれています。
食べ物は、自然の中で自然と共に作られたものにこそ価値があります。毎日の食生活でも、できるだけ自然のエネルギーをたくさん含んだものを食べたいですね。
あか牛は、阿蘇に代表される熊本の自然の恵みと愛情をたくさん受けて育ちます。

牛肉の栄養学的特徴
一般的に牛肉には以下のような特徴があります。
  • 牛肉の良質なタンパク質には、人の体内では合成できない必須アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいます。
  • 炭水化物の含有が少ない食品です。
  • カルシウムやミネラルがバランス良く含まれています。
  • 牛レバーに多く含まれるビタミンB2は成長を促す作用があります。
  • 吸収がよい鉄分が含まれているばかりでなく、他の食品からの吸収も助けます。
  • 酸化しにくい飽和脂肪酸が多く含まれています。

「あか牛」の肉(あか身)に多く含まれているタウリン

アミノ酸の一種「タウリン」が、あか牛の肉(あか身)に多く含まれていることがわかりました。「タウリン」には、アルコールによる肝機能障害の改善や血圧降下などの作用があるといわれています。
あか牛が自然の健康ビーフと呼ばれるほどヘルシーであることが証明されました。

ジューシーでやわらかいのに脂肪分控えめ!

和牛本来の香りと味があり、あか身肉の旨さと良質でほどよい脂肪のバランスが、あか牛のおいしさの特徴です。
あか牛の現在の格付けは3〜2等級がほとんどですので脂肪含有量は12%以下のものが大半を占めていると言えるでしょう。しかし、牛は生き物ですから一頭ごとに異なった肉質をもっていますので、脂肪の含有量も異なります。
脂肪の色が黄色がかっていることがあります。これは牛がたくさん日光浴したり、ビタミン豊富なエサを食べたからで、健康に育った証拠です。

熊本県畜産農業協同組合連合会

copyright Kumamoto Akaushi.jp All Rights Reserved.